普通の社会人を超えるお金の使い方の優先順位を考える

社会人で働くようになると、毎月給料が入ってくるのでお金の使い方が荒くなってしまいがちです。
あなたはお金の使い方の優先順位って考えたことはありますか?

いくら働いてもお金が余るなんてことはありません。

お金の使い方も順番を決めて、優先して使うべきお金もあります。
お金の使い方の優先順位を考えることで、その辺の社会人を超えられることだってあります。
時間と同じくお金も有限ですからね。

普通の社会人にありがちな5つのお金の使い方

私の周りにいる社会人のお金の使い方を例にとって、少しお金の使い道を考えてみます。
毎日働きながら生活している人基準の話になります。

1.人付き合い(交際費)

私たちが毎日仕事をできるモチベーションのもとになっているとも言える人付き合いにかかるお金。
交際費と言うと、ちょっと会社みたいなイメージがありますが、ここでは友達と遊んだり飲みに行ったりするお金とします。

友達や気の知れた仲間と遊ぶことは、大事です。

なんてことない話しかしてなくても、知らず知らずのうちに気持ちがリラックスしていることがほとんどです。
どれだけお金がなくても、友達付き合いはずっと大切にするべきです。

楽しい時だけが仲間ではなく、辛い時にこそ仲間の存在はかけがえのないものになります。
でも、たまには仲のいい友達だけではなく、ちょっと視野を広げてみることもおすすめです。

社会人サークルのすすめ

社会人になると、一気に出会いが無くなります。
女性だけでなく、男性ともほとんど出会う機会がないですよね。

それもそのはずで、会社と自宅の往復になるからです。
休日に家にこもっていたり、友達としか会っていなければ他の人と出会うことはほぼゼロです。

そこで、社会人サークルがおすすめです。

社会人サークルは普段出会いのない人たちが、共通の趣味をきっかけに話したり、遊んだりするきっかけとなる場所です。
異業種の人はもちろん、普段出会うことがないであろう人たちと話すきっかけになるので、いろんな気づきを得られる点も大きなメリットです。

近くで趣味のサークルがあれば、ぜひ顔を出してみてください。
私も昔、入ったことがありますが、普段聞けないような話もできて新鮮で楽しかったです。

2.節約(貯金)

節約も友達付き合いと同様、大切です。
若い頃は貯金なんかなくても別に問題ないと思いがちですが、結婚を考える年になってくるとある程度まとまった貯金がないことは深刻です。

車を買う時など、社会人になるとまとまったお金が必要となる場面がたくさんあります。
ローンばかり組んでいると、住宅ローンの審査に通らないこともあるので、できる限りはすぐに出せる現金を持っておくことが大切です。

3.家族・毎日の生活(生活費)

これは当たり前ですが、家庭に入れるお金も考えておきましょう。

学生の時は、特に何もなくていいですが、社会人になる=自立したということになります。
自立した人間が親に生活費も渡さずにいるのは、ちょっと問題です。

親に渡した生活費もほとんどは、貯金として残しておいてくれることが多いです。
自分のためにも生活費の貯蓄は意識しておきましょう。

4.趣味代

ゲームや服など、趣味にかかるお金は削ることができます。
特にゲームはやりすぎると自分の殻に閉じこもってしまい、膨大な時間をつぎ込んでしまうこともよくあります。

お金だけでなく時間を使いすぎないようにしましょう。

お金は取り戻すことはできますが、過ぎた時間は取り戻すことができません。
年齢を重ねるごとに気づくものです。

5.自分磨き(投資費用)

自分磨きにかけるお金は、かけ過ぎてもいいくらいだと私は思っています。
本を読んだり勉強をしたり、セミナーに行ったりいろいろと自分磨きはできます。

自分にかけた投資のお金は必ずあとで別の結果になって返ってきます。
遊びにいかせたり、仕事にいかすことができるかもしれません。

賢いお金の使い方の優先順位【まとめ】

お金の使い方の優先順位は、人付き合い、自己投資、貯金の順がおすすめです。

自分の気持ちやモチベーションをあげることを第一に、長い目で見て自分の成長に繋がることにお金を使えば、自然と明るい将来が見えてきます。
今、もし浪費癖がついてしまっているなら、ちょっと切り替えて見直してみるのもありかもしれません。

使ってみてオススメしたい節約サービス

私が使っている節約できるお勧めサービスをまとめております。
よかったら参考にしてくださいませ。