物欲に憑りつかれる心理!買い物依存症にオサラバできる気持ちの持ち方

買っても買ってもまた次が欲しくなることはありますか?他人から見ると、こういう人は物欲の塊そのものに見えます。

でもこんな人たちは、じつはそれほどモノにはこだわってはいません。買い物に走ってしまう心理は、ストレス発散や、認めたくない現在の自分の否定に源があったりするからです。

とはいえ心に振り回されて買い物三昧していては、いずれだれでも金銭的に苦しくなります。とまらない物欲にブレーキをかけ、未来に向けて有意義なお金の使い方ができるような心の持ち方を考えてみましょう。

<物欲の正体は欲しいモノのすりかえ>

とくに欲しいモノがあるわけでもないのに、デパートをぶらぶらして衝動買いしたり、ネットでポチったりしている人いませんか?こういう人たちが、物欲が特別強いとは限りません。そうではなく、これはショッピングで心のすき間を埋めている人たちなのです。

物欲がコントロールできない心理の特徴は、ショッピングと快感が結びついていることにあります。一種の依存症でありストレス発散法でもあります。モノが重要なのではなく、それを買うこと自体に強い満足を覚えているからやめられないのです。だからせっかく買ったモノをあまり使わないで放り出して、また別のモノを買いに出かけたりします。こんなこと、覚えありますか?

<<ストレスがたまると物欲がでてくる?>>

イライラしたり落ち込んだりするとショッピングをする人は少なくありません。もちろん出費のことは心配ですが、おもいきって買った!というスッキリ感がすべてを吹き飛ばしてくれます。

ふつうは途中で正気に返ってやめるのですが、ショッピングで憂さ晴らしが習慣になっている人はそうはいきません。ひどいときには、クレジットカードの限度額いっぱいまで買い物をすることもあります。同じようなものを2回買ってしまうこともありますが、そんなことは気になりません。ストレス発散自体が目的ですからね。

<<物欲に憑りつかれるのは自分に満足していないから>>

こういう人たちは、いくら買っても物欲が止まることがありません。なかには、店員がおだててくれるのを聞くことがやめられないという人もいます。お店のなかで非日常的な気分を味わうことが快感になってしまっているのです。

ショッピングに憑りつかれる人の多くは、心の底で不満をためています。つまり今の自分に満足していない人たちです。ショッピングをしていると、ふだんのつまらない自分を忘れられます。自分にだって価値はあるんだ、それを認めてくれる人もいるんだ…店員の言葉なんてお世辞にすぎないとわかってはいても、どうしようもなくうれしくなってしまう悲しい心理がそこにあります。

上司に気を使い、営業先に気を使いながらひたすら退社時間まで働く自分。ひたすらマジメに働いているのに、職場環境は変わらないしだれにも認められない自分…そんなつらい現実を忘れられるのが、店員の前で王様のようにふるまえる買い物だというわけです。

<なにかを買っても幸せにならない!お金は有意義に使おう>

そうはいっても貯金には限りがあります。ストレス発散のたびにまとまったお金を使っていたら、貯蓄へ回す資金すら厳しくなるでしょう。カードの返済に追われて、へたをしたら自己破産なんてことになりかねません。

お金は有意義に使いましょう。ショッピングをしているときのワクワク感がさいしょは忘れられないかもしれません。これからはそのワクワク感を、ほかの場面で感じられるように心理状態をいろいろ工夫をして変えてみることも大切です。

しっかりと覚えておくべきことは、一時の満足のためにはお金は使わないようにするということです。

多少高い出費をするのは、自分の将来に関係するモノを買うときだけにしましょう。いまの自分の環境に満足していなくても、将来の自分に夢をみることはできるはずです。5年後にはこんな生活をしていたい、10年後にはこんなところにいたいという夢を叶えるような出費の仕方を見つけることが大切です。

<<将来の生活のために投資しよう>>

将来の自分のためになるナニかを始めてみましょう。多少のお金はかかっても仕方ありません。自分の未来が大きく変わるための投資だと思えば、急にワクワクしてそれも安く思えるものです。

たとえば、将来の家計が豊かになるようなナニか、将来の転職に役立つようなナニかを始めるのはどうでしょうか。

会社の給料だけでは経済的に不安のある人は、投資を始めてみるのもいいかもしれません。ただしこれは、素人にはどうすればいいのかわからない分野であることも確かです。まずは小口の投資信託から始めて、お金の増やし方を少しずつ学ぶのも楽しいものです。

あるいは今の仕事に関係する上級資格をとることを目指してみてもいいでしょう。確実にスキルアップにつながるので、近い将来に有利に転職するチャンスをつかむ可能性が広がります。海外勤務を希望している人なら、英会話の勉強を始めてみるのもいいですね。

<<なりたい自分をイメージしたモノを買おう>>

いまは分不相応だけど、将来は自分に似合ってそうな1品を買うという手もあります。ただしこれはショッピングの快感のためではなく、未来へ向けてやる気を出す心理をもりあげるためのものです。

流行に左右されるアクセサリーやスーツなどはお勧めしません。高級感のあるダンヒルの万年筆や、エグゼクティブルームへもって入れそうなエルメスの書類フォルダなどはどうでしょう。将来のことを考えるだけでワクワクするような、いつか実現してやるぞと夢をかきたてられるようなモノがいいですね。

ただしこういう買い物は1点だけにしましょう。いくつも買い始めたら、ただの物欲の塊に逆戻りです。これだと思える、将来の自分の理想をイメージした品質のいいモノを、心を込めてひとつだけ選ぶことが大切です。

使ってみてオススメしたい節約サービス

私が使っている節約できるお勧めサービスをまとめております。
よかったら参考にしてくださいませ。