ネット以外でお金を稼ぐ! どんな方法があるの?

お金を稼ぐなら、現代社会でインターネットを使わない手はありません!
「アフィリエイト」「ネットせどり」「ネットオークション」など、自分に長所を生かしたお金の稼ぎ方が沢山あります。

たとえば、「アクセサリーを作るのが好き!」という人の場合、それを売るには今まではフリーマーケットや自分で店を持つか、そうした選択肢がとても少なく、かつ、効果がほとんどなかったからです。

現在では、インターネットで販売することで、ものすごい数の人にまず見てもらえるという利点があり、趣味でやってもおこづかい程度の収入には十分なります。

そこから義業するような人もいるくらいです。
もちろんアクセサリーだけではありません。
ネットで絵を売ったり、プラモデルを作って売ったり、「好きなことを仕事にできる」時代が来ているのです!

それでも、あえてネットを使わずに稼ぐ方法もあります。
ネットほど効率は良くありませんが、楽して稼げる方法もあるんです。
今回は、そうしたネット以外でお金を稼ぐ方法を見て見ましょう!

最新のサプリメントを試せて高額収入! ボランティアからご紹介です!

とくに本業をお持ちでないのなら、「治験モニター」をオススメします。
こちらは、「危険」とか「不安」な人がたくさんいるようですが、全くそんな心配はありません。

とくに今回ご紹介するのは「サプリメント」に治験モニターです。
治験モニターは、厳密にいうと仕事ではなく、ボランティアになります。
参加して、謝礼をもらうというスタイル。

治験モニターには、新薬から、販売前のお薬、サプリメント、化粧品などの種類があり、どれもオススメ。

とくに、アレルギーや病気をお持ちの方は、治療ができて高額謝礼がもらえるので、保険を使って治療を受けるより断然お得です。
しかも、治療の内容は最新の薬を使うことができます。

「最新の薬」「新薬」といっても、日本の場合、完全に試験の済んでいるもので海外ではすでに使用されているものばかりです。

それでも「不安」な人には、サプリメントのモニターがあります。
こちらも、最新のサプリメントが試せて謝礼金がもらえます。

治験モニターには、入院型と通院型があり、入院型であれば、10〜20万円程度の謝礼が期待できるものもあります。

方法は、「治験モニター」で検索するとサイトがたくさん出てくるので、登録して案件を探すだけ。

最初に検診があり、詳しい説明があります。
謝礼は最終日に手渡しが多いようです。

試験監督や塾講師も流行りの仕事です!

少子高齢化社会と言いますが、学校自体のカリキュラムが受験に特化していないため、学習塾産業が大流行りです。

その職種には、講師以外にカウンセラー的な立ち位置の仕事も多くなって来ました。
こちらの仕事は、以前は「大学卒」という資格条件があったのですが、現在はそうしたものはなく、実力でできる仕事になりつつあります。

普段は塾講師やカウンセラーとして塾で勤め、定期的に登録している試験監督で収入を増やすというのがいいでしょう。

試験監督は、試験会場の受付、誘導、監督の仕事で、トラブルさえなければとても簡単な仕事。

こちらも、サイトに登録して試験のあるときに仕事します。
現在は、検定、資格試験が毎日どこかで行われているほど「試験」の数が増えていますので、仕事も増えて来ているようです。

塾講師、試験監督とも、時給1500円程度の高収入。

まとめ

お金を稼ぎたいならネットを使う方が稼げます。
どうしても嫌なら、こうした新しい「楽」で「高収入」な仕事もありますので、よく探しましょう。

ほかにも、美術館監視員、交通量調査員など、高収入で楽なものありますよ!

まず読んで欲しい厳選記事

記事数が多くなった為、こちらに厳選記事をまとめさせていただきました。
 

自由に生きるヒントになる話、お得な情報など多くの方に満足して頂いている記事もありますので、よかったらご覧ください。