お金を数える夢を見た。これってなにを暗示しているの?!

夢にはその人の深層心理が現れていると言います。
詳しく調べていくと、心の奥で思っていることもよくわかるということですね。

お金を数える夢といっても、いろいろなシチュエーションがあります。
支払いできるかどうか、足りるかどうか数えているとか。
たくさんあって「うひょー」って感じで喜んで数えているとか。
お札を数えている場合もあれば、硬貨を数えている場合もあるでしょう。
数えている場所も、仕事場だったり自分の部屋だったり、いろいろな場合がありますよね。

今回は、こうした夢の要素の可能性を1つひとつ考えながら、その夢がどんな意味を持つのかを調べて生きましょう!

お金の持つ潜在的な意味は、人によって全く違う

お金は夢の中でなにを表しているのでしょう。
通常はお金といえば「富」の象徴であり、「大切なもの」です。
なので、夢占いなどでは「恋人」を表すとも言われています。

実際は、自分がお金持ちかどうかで、その意味は正反対になることがあります。
お金持ちの人の場合、「お金」は富の象徴。
まさに大切なものを表しています。

もし、借金がたくさんあったり、お金に困っている場合、「お金」は「罪悪感」の象徴です。

お金に困っている人は、お金に対する罪悪感を持っているのです。

数えるという動作の潜在的な意味は?

数えるという動作はなにを表しているでしょうか。
これは、「物事をはっきりさせる」という意味があります。
今ある悩みを解決したいとか、問題を解決したいという気持ちが現れているといえます。

また、数字という意味で、時間や年齢を表しているとも言われます。
数えてたくさんあるようなら「余裕」を表し、足りないようなら「不足」を心配しているといえるでしょう。

また、「数える」という動作には「知りたい」という欲求が隠されていることもあります。

数え間違えるような夢であれば、「解決しない」「はっきりしない」「わからない」という意味も含みます。

お金を数える夢の意味とは?

結局、お金を数える夢ってなにを暗示しているのでしょうか。
それは、「大切なもの」「大切なこと」「気になっていること」に対してはっきりさせたいという意味があり、そのため「プロポーズ」を暗示している言われることが多いようです。

今、一番大切に思っているもの、気になっているものを思い浮かべてください。
それが「お金」が暗示しているものです。
さらに、それがはっきりと解決できるものであれば、「解決」を暗示しているといえます。
もしくは「解決を望んでいる」と言えます。

数えて、十分にあるような印象であれば「うまくいく」暗示で、足りないような印象なら「注意」といった内容でしょう。

まとめ

このように、そのものの持つ性質を詳しく見ていくことで、夢占いはある程度可能です。

とくに、個人個人でその物に対する感じ方は違うので、自分でやる方が当たります。
思い当たることがあるはずだからです。

仕事場で数えている夢であれば、職場恋愛かもしれませんし、仕事自体かもしれません。
部屋で数えているならプライベートなことかもしれません。

硬貨であれば問題は小さなことかもしれませんし、冷たいとか硬いというイメージから「孤独」をあらわすこともあります。

どんな結果が出てきましたか?
いずれにせよ、すべては自分の心の中に答えがあるということですね。
普段から、自分の心を整理して、ぐちゃぐちゃにならないように整理しておくことはとても大切なことですね。

その方法は、1日5分でも「静寂な時間」を持つことです。
「静寂な時間」なんて、もう何年もないという人が多いのではないでしょうか。
これからは、毎日静かな時間を持つことをお勧めします。
そうすれば、夢の結果がどうであれ、あなたの未来はうまくいきますよ!

使ってみてオススメしたい節約サービス

私が使っている節約できるお勧めサービスをまとめております。
よかったら参考にしてくださいませ。