一人暮らしのお金の貯め方! 手段を選ばないならコレ!

一人暮らしはお金が貯まらないものです。
まず、家賃が高い。
食費が高い。
これで、給料のほとんどでますよね。
水道光熱費、健康保険、年金、税金。
出費は容赦なく、収入は頑張ってもそれほど伸びません。

ところが、もし手段を選ばないなら、一人暮らしでもお金が貯まる貯め方があるのです!

それはズバリ「期間工」と「リゾートバイト」です!

この2つの選択は、家賃も食費も不要というすごい内容で、一人暮らしがお金を貯めるなら、これ以上ないプランです!

もちろん、通常は長くても3年以内、早ければ3ヶ月程度短気です。
この間に目標額を貯めるよう計画しましょう。

具体的にいくら貯めれるのか、詳しく見ていきましょう!

期間工ってなんだ? 早い話、自動車工場のスタッフです。

期間工という雇用形態があります。
これは、自動車製造をはじめ、半導体や電子部品、最近では充電池などの製造をするスタッフで、繁忙期に期間限定で駆り出されることから「期間工」と呼ばれています。

この仕事、福利厚生は完全に正社員並みの待遇が受けられます。
自動車会社がメインなので、トヨタならトヨタの正社員同等の扱いを受けるということ。

給料は、月給にしてだいたい30万円程度。
休日出勤や残業をすると、50万にもなる人もいると言います。

寮に住み込みで、家賃は水道光熱費込みでタダ。
食事は寮や工場の食堂で格安で食べることができます。

土日は休み。
働きたければ働いても大丈夫です。

仕事自体はもちろん楽ではありません。
そのため、途中でやめてしまう人もたくさんいるようですが、最短3ヶ月を乗り切れば、だいたい100万円程度の貯金ができます。

その理由は、稼いだ分を全て貯金に回せるということ。
また、満了金というものが3ヶ月おきに支給され、それが多ければ30万円程度になることから、最短の3ヶ月でも、100万円の貯金ができる可能性があるということです。
最長3年まで延長可能です!

楽しく貯金するならリゾートバイト!

リゾートバイトはご存知ですか?
こちらは観光地へいって住み込みで働くバイトのことです。

夏は海、冬はスキー場、温泉地や観光名所など、いろいろな場所で働くことができます。

もっとも多いのはホテルや旅館のスタッフとして、接客や清掃の仕事をするもの。
また、ホテル内のレストランや旅館の厨房などで、キッチンスタッフとして働くもの。
あるいは、マリンスポーツのインストラクターやスタッフ、ウインタースポーツのインストラクターやスタッフなど、職種も様々です。
沖縄では、ふつうに営業の仕事などもリゾートバイトで募集していることがあります。

特徴は「住み込み」で、こちらも殆どが家賃、水道光熱費無料。
まかないが三食つくことも珍しくはありません。
まじめに働いていれば、お給料はほとんどそのまま貯金することができます。

時給自体はそれほど高くはありませんが、生活費がほとんどいらないことを考慮すると、段違いだと思います。

ただ、仕事の性質上、朝早く、夜遅い仕事が多いのでその辺の覚悟は必要。
それでも、楽しい仕事なので、苦にはならないという体験談が多いです。

中にはそのまま現地で結婚して住み着くということも少なくないようで、ハマる人はずっとやりたい仕事のようです!

まとめ

一人暮らしでお金を貯める貯め方で最も重要なのは「家賃」です。
探せば必ず納得のいく物件がありますので、家賃が低いだけでなく、住み心地のいいところを探しましょう。

また、食費は絶対に自炊。
外食すると、安くても平均月に5万円かかりますが、自炊なら2万円で済むと言われています。

この「家賃」と「食費」の部分はかなりのウエイトを占めるので、かなり工夫のいるところです。

こうした理由もあり、家賃が無料、食費が抑えられる「期間工」と「リゾートバイト」は一人暮らしがお金を貯めるならオススメの貯め方です!

まず読んで欲しい厳選記事

記事数が多くなった為、こちらに厳選記事をまとめさせていただきました。
 

自由に生きるヒントになる話、お得な情報など多くの方に満足して頂いている記事もありますので、よかったらご覧ください。