仕事ができない人が劇的にかわる生き方とは!

どうして自分はこんなに仕事ができないんだ!
そう思って落ち込んでいませんか?

はじめてアルバイトしたとか、はじめて就職したとかならなおさらですし、何度も転職していても、そういうことはあるようです。

そういう筆者も、何度も転職して、「なにをやってもうまく仕事ができない!」と落ち込んでいたことがあります。

そんなとき、自分はどこへ行っても認めてもらえず、社会の不適合者のような気もするもの。

ところが、実は「生き方」をちょっと変えるだけで、どんな業種でも劇的に仕事ができるようになるのです!

その方法について、ご紹介しましょう!

仕事ができない原因とは?

仕事ができない人の特徴として、4つのことがあげられます。

まずは、整理。
仕事ができない人は、決まって整理ができず、「何からはじめていいかわからない」ということがよくあります。

次に、順序。
順序がわからず、途中からはじめるようなことがあります。
順序を飛ばすと、仕事は「難しく」なります。

さらに、優先順位。
優先順位をつけるのが苦手で、重要でないことを先にやってしまったりします。

最後が、「なんのためにしているのか」
これらの根本には、「なんのため」にやっているのかがわかっていないという理由があるのです。

「整理、順序、優先順位、なんのため」を極めて仕事のできる生き方を!

整理の仕方の基本は、「仲間集め」です。
属性別に分けていくのが一番の基本ですね。
簡単に例えると、鉛筆は鉛筆でまとめ、用紙は用紙、消しゴムは消しゴムでまとめます。

このまとめ方はいろいろなやり方があります。
パソコンでできる仕事をまとめておくとか、外を周る仕事をまとめておくと、事務所から何度もでる必要がなくなります。

何度も同じことをする人は、とくに注意。
ひとつにまとめて一回で済ますと、仕事の効率が良くなります。

順序とは、無理をしないことにも関係があります。

算数では、「九九」を覚えないで割り算には進めません。

仕事にも順序があり、順序を飛ばして進めると、極端に難しくなるのです。

したことのない仕事を無理してするのではなく、自分にできる仕事から順序よくすることです。

それ以外に、優先順位というものがあります。

これは順序と混同しがちですが、そうではなく、重要度の問題。

順序は、レベルの程度の問題で、自分にあったレベルの仕事からやりましょうということ。
あるいは、仕事の行程を順番通りやりましょうということ。

それに対し、優先順位は、重要なものからやりましょうということ。
1時間後が締め切りの仕事と明日が締め切りの仕事では、1時間後の仕事からするのが当たり前ですよね。

時間だと重要度がわかりやすいのですが、仕事の重要度は時間以外にもあり、なかなかわからないもの。

こうしたことを把握するには、「なんのためにしているのか」を知っておくことが大切です。

この仕事はなんのためにしているのか。
この作業はなんのためにしているのか。
この動作はなんのためにしているのか。

こうしたことを常に考え、わからなければ聞いて、きちんと把握しておくと、次に何をすればいいかが自然とわかるようになります。

まとめ

この「整理、順序、優先順位、なんのため」は、仕事だけでなく、生き方として生活に組み込むことで、豊かな人生をおくることができます。

ただ、もっと簡単に仕事ができるようになる方法もあります。

それは、「相手の気持ちを理解する」努力です。

「なんのため」とも重なりますが、相手がどうすれば喜んでくれるかを常に考えて仕事をすること。

自分が楽なやり方ではなく、相手が喜んでくれる仕事。

お客様、同僚、先輩、上司。
みんなに喜んでもらうにはどうすればいいか。
これを常に考えることが、仕事ができない人が劇的にかわる生き方です!

まず読んで欲しい厳選記事

記事数が多くなった為、こちらに厳選記事をまとめさせていただきました。
 

自由に生きるヒントになる話、お得な情報など多くの方に満足して頂いている記事もありますので、よかったらご覧ください。