人生ってつまらない⁈ 30代独身にありがちなワナとは!

なにをやっても「魂」がこもらないというか、なんとなく「つまらない」ことってありますよね。

30代で独身ともなると、なおさらです。
20代の頃のように「夢」だけをみているわけにもいかないですし、現実的な選択はつまらないもの。

毎日退屈な日常の繰り返しに、「いったい何のために生まれて来たの?」という疑問にかられることもあるのではないでしょうか。

知り合いの結婚式に呼ばれるようなこともピークを過ぎる頃で、「寂しい」気持ちにも慣れてきた頃でしょうか。

また、お金はそこそこあるから「困らない」と、趣味を楽しんでいる人もいるかもしれません。

でも、人生を楽しく過ごすためには、こうした「普通」の生活とはおさらばすることをおすすめします。

「夢」をあきらめて現実的になるのも、「寂しさ」に慣れて独身を通すのも、なんとなく「趣味」を楽しむのも、「くそくらえ!」です。

(ライター:kokuzoさん)

そのまま40代、50代と年をとってみる?

もし、「夢」をあきらめて現実的に仕事をし、寂しいのに慣れて「楽だから」と結婚をあきらめ、なんとなく趣味を楽しむ生活を続けるとどうなるでしょうか。

もちろんそれこそ「つまらない」人生になるのは目に見えていますよね。

いや、その人生を思い切り楽しむ人もたくさんいらっしゃるので、絶対とは言いません。
でも「なんとなく生きる」のは残念。
それが30代独身にもっともありがちなワナなのです!

40代になると、極端に身体的に能力が落ちてきます。
20代、30代でできていたことができなくなったり、少しのことで疲れるようになったりします。
こうなると、本当に「なんとなく」しか生きられなくなってきます。
何をするにも、必然性がなければ億劫に感じます。

50代になると、もう修繕はほとんど効かず、自分の今までやってきたことや、考え方に固執するようになります。
それを否定すると、「自分が自分で無くなる」ように感じるからです。

60代、70代ではそれが加速していきます。
自分を正当化することで、自分のアイデンティティをたもつのです。

30代で人生の方向性がおおむね決まる!

ポイントは「本気で生きる」ことです。
なんとなくじゃダメ。
経験も積んで、どうすれば相手を傷つけ、自分が傷つくかよくわかっている年齢ですから、何をするにも「当たり障りない」加減を知っているのが30代のいいところでもあり、最大のデメリットでもあります。

人生をつまらなくさせているのは「本気で生きないこと」が原因です。
本気で仕事をし、本気で付き合い、本気で楽しむ!

これが人生を楽しくいきる秘訣。

経験上、距離感や空気感を読めてしまうのは分かりますが、もっともっと熱い人生を生きてください。

仕事は「自分の好きなこと」を選ぶこと。
嫌いな仕事を一生懸命するより、好きな仕事を一生懸命にした方が、世の中の役に立てると思いませんか?

ましてや、嫌いな仕事を嫌々されると自分も嫌だし周りも迷惑。

恋愛も、思いっきりすることです。
相手の気持ちを奪うのではなく、見返りのない気持ちをこちらから贈りましょう。

「相手に幸せにしてもらう」のではなく、「相手を幸せにする」のが結婚です。

趣味だって、なんとなくじゃダメ。
思いっきり楽しみましょう!

「いい大人だから」とか「常識的には」とか、そんなことはいいんです。
受け身ではなく、明るく、積極的、建設的な人生を選択することで、30代独身の「なんとなくつまらない」感は、嘘のように消えてします。

「夢」はあきらめないで追え!
「恋愛」も相手を幸せにできるまでする!
「趣味」も将来それで食っていけるくらい全力でやる!

これが30代を楽しむための秘訣です!

使ってみてオススメしたい節約サービス

私が使っている節約できるお勧めサービスをまとめております。
よかったら参考にしてくださいませ。