【安泰なんて昔のこと!】いまのサラリーマンが安定した人生を送るコツ

社会人になるときに、サラリーマンを選ぶ人はたくさんいます。どうしてその道を選んだの?と聞かれたら、給料をずっともらえるし、生活が安定するからと答える人が多いのではないでしょうか。

とはいえ、イメージほど安定した日々を約束してくれないのがサラリーマン生活です。間違った関係を会社とのあいだに築くと、サラリーマンは金銭的精神的にきびしい人生を送ることになります。

人生を棒にふった…と後悔することのないように、サラリーマン生活を本当に「安定」させる方法を考えてみましょう。

サラリーマンになれば一生お金に困らない?

サラリーマンには、成績に関係なく一定の基本給が毎月自動的に振り込まれます。ある程度の期間働けば昇給もしますし、成績をだせば能力給がプラスされることもあるでしょう。安定した生活を望む人ほど、サラリーマン選ぶのは当然かもしれません。

とはいえじつはこれは一昔のサラリーマンのことです。長年勤めたらから、がんばったからといって、サラリーマンを厚遇してくれる会社はもうほとんどありません。イメージと違い、案外わりに合わないのが現代のサラリーマン生活なのです。

サラリーマンはお金を稼ぐことができますか?

仕事に楽しみなんて求めてない、サラリーマンをやっているのは「お金」のためだと言う人もいるでしょう。しかしただサラリーマンを続けても、その「お金」で大きな貯金が作れる可能性は実はあまりありません。

今や社会は効率重視の時代です。どんなに時間をかけても、どんなにがんばったと言い張っても、それが上司に評価されて昇給につながることはありません。会社が欲しいのは生産性の高さや効率のよさだからです。お金をどんどん稼げるのは、そうして業績に貢献できる一部のエリートだけということになります。それ以外の大勢のサラリーマンは、少ない給料でがまんしなければいけません。

そのうえ会社が業績不振におちいれば、サラリーマンは給与ストップやボーナスカットを宣告されることもよくあります。こんな給料システムでは、何年も勤めたのに貯金はまったくできなかったということも十分ありえるでしょう。

サラリーマン生活をがんばり続けることはできない

要領の悪さは努力でカバーするぞと、ただただひたすらがんばっているサラリーマンの人もいるでしょう。残業も徹夜もどんどんしてやるという人もいるかもしれません。これくらいの意欲があれば、成績もきっと残せるでしょうし、昇給を勝ち取ることも可能でしょう。しかし残念ながら、いくら体力があって努力家でも、目に見えて給与があがる日々はサラリーマンには長くは続かないのが現実です。

なぜなら、こうした体力ギリギリの生活をいつまでも続けることはできないからです。若いころはまだ何とかなっても、中年になってまでギリギリのテンションで走り続けることは不可能です。がんばり過ぎると、やがて翌日に疲れが残って仕事上かえってマイナスになります。

どんなに頑健な人でも、いずれは仕事のペースを落とさざるを得ません。30代か40代になると成績や給与の上昇が止まり、仕事に行き詰り感を味わうことになるのが今のサラリーマンというものです。

会社に依存しすぎないサラリーマンをめざそう

サラリーマンをするのはいいのですが、会社に依存しすぎることはやめましょう。

よほどのエリートでもない限り、いまのご時世に、会社の給与だけをアテにして生きていくことはむずかしいからです。終身雇用の時代が終わりつつある以上、ある日突然に解雇される可能性もあります。給与だけに頼る生活だと、クビになった途端に露頭に迷うことになるでしょう。

精神的にも会社に尽くしすぎるのはやめるべきです。組織を心のより所にしていると、他人の出世でショックを受けたり、左遷が原因で鬱になったりすることもあります。

金銭的、精神的に依存しないほうが、サラリーマン生活をずっと楽に送ることができます。

給与以外に収入の道を見つける

サラリーマンでも、会社の給与のほかに収入源を見つけることがこれから大切になります。年功序列も終身雇用も崩れ、昇給さえアテにできないのが今のサラリーマンの世界です。いつまであるかわからない給料に、自分の人生すべてを賭けるのはナンセンスだとすらいえます。

給与を元手にし、投資や副業を視野にいれてみるといいでしょう。少しずつでも副収入がはいり始めると、余裕をもって人生を見つめることができるようになります。副収入のほうが給与よりも大きくなれば、サラリーマン生活から早めにリタイヤすることもできるかもしれません。

サラリーマンを続けるとしても、給料に頼らなくても生活できるようになると、会社への依存やこだわりが少なくなります。イライラやストレスも減るので、同じサラリーマンでも、それまでよりも気楽に会社勤めができるようになるでしょう。

会社以外でやりたかったことを整理する

自分がやりたかったこと、生きているうちに達成してみたかったことを思い出してみましょう。サラリーマンとしてではなく、1人の個人としての夢やあこがれはだれにでもあるはずです。勤めが忙しいから、まだ十分な貯金がないから…とネガティブに考えて、夢を削る必要はありません。

やりたかったことリストが整理できたら、それを自分のライフプランのなかに落とし込んでみましょう。20代のうちに今の彼女と結婚する、30代になったらフォトグラファーの勉強を本格的に始める、40代で世界一周旅行をする…などなど。いつまでに何をしたいかがはっきりすれば、帰宅後はそうしたプランに意識を向けることができます。仕事のためだけに生きているという、サラリーマン特有のむなしい生活と縁を切ることも可能です。

定年まで待つ必要はありません。サラリーマンでも、自分の自由を見失わない生き方をめざしましょう。

まず読んで欲しい厳選記事

記事数が多くなった為、こちらに厳選記事をまとめさせていただきました。
 

自由に生きるヒントになる話、お得な情報など多くの方に満足して頂いている記事もありますので、よかったらご覧ください。