仕事は人生を豊かにする手段。働いてお金を稼ぐことを目的にしないで。

仕事は人生の大半を占めています。後悔のない人生を過ごすためには、どのように仕事と向き合っていくかを考えていく必要があります。何のために仕事をしているのか。一度立ち止まって考えてみませんか。

気づいたらお金のために仕事をしている自分がいる。

人は一日の大半を仕事に費やし、仕事の対価としてお金をもらっています。お金がなければ生活をしていくことができませんから、お金を稼ぐために仕事をするのは当たり前のことのように感じます。ですが、お金のためだけに仕事をしていくと限界が来てしまいます。仕事をして誰かに喜んでもらい感謝されることで、心が満たされます。仕事をしていく上では、お金だけではなく、精神的な報酬を得ることも重要なことです。このバランスがあるからこそ仕事を続けていけるといっても過言ではありません。仕事を始めたときは、この会社に入ることで給料ももらえるだけではなく、社会的貢献もできると考えていたはずです。それがいつの間にかお金のために仕事をするというサイクルに陥っていたのではないのでしょうか。お金を稼ぐために仕事をする人生は、後悔なく過ごすことができるとは考えられません。

人生を豊かに過ごしたいよね。

自分の人生を豊かにするためには、心にゆとりを持つことが大切です。いつも与えられた仕事をこなすだけでは、仕事へのモチベーションは低下していきます。1日は24時間しかありませんから、自分の人生をより良いものにしたいと思うのであれば、仕事にも目的意識を持って取り組む必要があります。そうすることで、仕事に取り組む姿勢も変わってきます。取り組む姿勢が変われば、 目標を達成することでスキルや経験を得られますし、仕事にやりがいを感じることができます。やりがいを感じることができれば、自信につながりますし、自信を持つことができれば、心のゆとりが生まれてきます。心のゆとりができると、自分の人生を見つめなおす余裕が生まれますので、自分が仕事に何を求めるのかを把握できるようになります。

仕事に何を求めるのか

仕事をしてお金が手に入り、人からも感謝される。理想的な仕事ですが、人に感謝されるだけでなくお金が儲かるような仕事は、なかなか見つかりません。ただ、何のために仕事をして、何を得るのかを自分なりに考えておくことは大切なことです。仕事において何をしたいのか、何を求めるのかを考えるようになると、自分に足りないものが見えてきます。スキルが足りなければ、それをどのように身につければ良いかを考えるようになるのです。さらに、どのような仕事につけばそのスキルを活かせるのかを考えることができますし、自分の人生をより豊かなものにできるのかという発想を持てるようになります。

本当にやりたいことのために仕事をする

仕事は人生の大部分を占めますが、振り返れば自分の人生は仕事だけだったと後悔する人もいます。何かに追われ目標もなく仕事をしていると後悔することになるのでしょう。しかし、自分自身の人生の目的のために仕事をしていた人たちは、人生の大半を仕事に費やしていたとしても後悔することはないでしょう。後悔のない人生を送るためには、私生活とのバランスを考え、自分の人生設計に沿った仕事をしていくことが大切です。仕事を通して何を得ていくのか、何を求めていくのか、それを常に意識していくことが後悔のない人生を過ごしていくことにつながります。終身雇用制が崩壊し、転職やリストラが当たり前になった今、仕事に人生を捧げるのではなく、自分のやりたいことのために仕事をしていく心の豊かさを持つようにしましょう。

仕事はあくまで手段です。自分の人生を無駄に消費しないで

仕事は手段という考え方をもって働くことで、自分の人生を無駄に消費しないでください。やりがいを持って働くことができ、家族を優先できるような職場もありますよ。一度しかない人生、悔いのないようにするために自分の本当にやりたいことを仕事にしていきましょう。

まず読んで欲しい厳選記事

記事数が多くなった為、こちらに厳選記事をまとめさせていただきました。
 

自由に生きるヒントになる話、お得な情報など多くの方に満足して頂いている記事もありますので、よかったらご覧ください。