今の仕事で自由な働き方・生き方できると思いますか?

自由な生き方とは

「自由な人生を生きる」には、どうすればいいのでしょうか?
ほとんどの方にとって、1日の大半は、仕事で占められています。
そのため、自由な人生を生きるには、仕事がカギを握っていると言えるでしょう。
現状から脱出したいという方は、本記事でご紹介する「自由な生き方のコツ」をお役立ていただければ幸いです。

一般的には、「自由」とは自分の意思の通りに行動できることや、他者からの束縛および制約が少ないことを意味しています。

「自由な人生」とは、どのような人生のことか。

個人個人で、具体的な状況は違ってきますが、人生の大半は仕事の時間が占めていますから、下記のようなことになるのではないでしょうか?

「お金をしっかり稼いで、余暇は趣味に没頭できる」、「得意なこと・好きなことを仕事にしている」、「プライベートの時間を充実させている」などなど…。

したがって、理想的な働き方を実現させることが、「自由な生き方」への近道ではないでしょうか。

つまり、自由な人生を生きるためにも、何を優先にして働くのかをクリアにすることが重要なのです。
日常生活の中で、羨ましいと感じるワークスタイルや生き方をしている人に出逢ったり、または「こういう人生にしたい」と想像してみたことはありませんか?

そのような時には、「どのような部分に、なぜ良いと思ったのか」という点を突き詰めてみると、働く上で、生きる上で、自分が何を優先にしているのかを、洗い出せるかもしれません。

自分が何を大事にしているのか=『働く上での条件』を絞ったら、あとは、その条件を満たす仕事を探すだけです。

次項目では、自由に働ける仕事を探すポイントを紹介します。

自由なワークスタイルを手に入れるには?

自由に働くためには、下記3つのポイントが挙げられます。

時間がフレキシブルであること

時間が自由な職業というと、「シフト自由」のアルバイトやパートがその一例です。
通常「シフト自由」である場合には、勤務時間は決まっていません。また、自分の都合に合わせて希望の勤務時間を申し出ることが可能です。シフトが自由な仕事形態は、飲食店スタッフ、ショップ店員など、サービス業に多くあります。

オフィス職でも、最近では、正社員も家庭の事情に合わせて週3・4日勤務や時短勤務が可能な会社もあります。また、裁量労働制・フレックスタイム制を採用し、就業時間が柔軟な会社も増えています。
プライベートの時間を大切にしたいなら、勤務時間がフレキシブルな職選びで、自由な働き方が可能になるでしょう。

好きなことが仕事であること

『自分の趣味・好きな活動=仕事』になれば、自由に働くことに繋がるでしょう。

例として、下記が挙げられます。

• 読書が趣味→書店店員や図書館司書
• 文章を書くのが趣味→求人制作や各種メディアのライター
• 人への奉仕が好き→介護・福祉関連職など
• PCが好き→システムエンジニアやプログラマーなど
• 人と会話するのが好き→セールス、ショップ店員、カスタマーサポートなど
• 英語が好き→翻訳家や英会話講師など

自分の好きなこと、趣味、特技を活かした職に就くことが出来なれば、自由な人生への第1歩となるかもしれません。

ワークスタイルが柔軟であること

例えば外回りのセールスなら、顧客先までのルートは自分で決めることができます。また、移動中は状況次第で情報収集などに時間を充てられるため、一般的に営業職は裁量の大きい仕事といえますね。

次に、例えば清掃業なら、施設内の担当場所を基本的には一人で仕事することになります。黙々と作業したい人や、自分の方法で仕事をしたい人にとって、清掃業は自由のきく仕事だと感じるかもしれません。

また、職種に関わらず自由に働ける例として、在宅ワークが挙げられます。現在は、専門職や事務職、営業職など、さまざまな分野の在宅ワークが存在します。

在宅ワークは、育児や介護など、諸事情により会社に出勤することが難しい場合も継続して仕事を続けることが出来ます。自宅で作業する場合は、メールによる伝達や企画書の作成、データ入力などに取り組むことが多いようです。

以上のように、人との接触や会社に管理される割合が低いワークスタイルがあります。特に個人作業がメインの職種は、効率的な方法や自分なりの工夫を採りいれることができますので、自由に働いている実感が得られやすいでしょう。

自分が理想とする「自由」を実現するには、どのような職種・ワークスタイルが適切かを考えることが大事です。

充実した人生にするには

自由な人生を生きるには、目先の利益ばかりを追求するのではなく、将来を視野に入れて選択することが肝心です。
このセクションでは、人生を充実させるために必要な5つの条件をご案内します。

仕事が楽しい

やり甲斐を感じ、イキイキと働いていれば、モチベーションを高くキープして仕事に取り組めます。仕事をこなすことに充実感や自由を感じながら、毎日を生きることができるでしょう。

収入面の安定性

人より収入が高いからと言って、それで経済的な安定が保障されるわけではありません。一人暮らしや配偶者がいる場合など、必要な経済力は各自の状況によって異なってくるからです。
経済面で安定するためには、収入やお金の使い方が適切であるかをチェックすることが大切です。収入だけでなく、支出の方も適宜見直すことを習慣化しましょう。

心身ともに健康

仕事をするうえで、ある程度のストレス・プレッシャーは避けられないものです。でも、度を超したストレスは心身に悪影響を及ぼしかねません。心や体に不調がでたら、仕事だけでなく、プライベートの時間も台無しになってしまう恐れも。
自由な生き方のためには、健康管理も重要です。

時間管理できている

好きな仕事をしていたとしても、休息のための時間が適切にとれていない場合、疲労や意欲低下を招いてしまいかねません。スケジュール管理をしっかりして、仕事とプライベートの時間バランスをとりましょう。自由な人生のためには、適切な休養時間は不可欠です。

将来的な見通し

例えば、未経験の業界でパートからスタートするのなら「経験を積んだら正社員を目指す」など、キャリアの方向性を定めてから行動しましょう。

人生設計を考慮せずに仕事をはじめると、将来苦労を伴う可能性が高まります。キャリアプランを立て、明確なゴールに向かって仕事に取り組むようにしましょう。

以上は、自由で楽しい人生を謳歌するためには、重要なことです。改善すべきポイントを発見したなら、具体的な方策を考え、実行してみてはいかがでしょうか。

 

【まとめ】

• 「自由な生き方」のためには、仕事選びが重要
• 時間に柔軟な仕事やワークスタイルが自由な仕事を選ぶことが、自由に働くコツ
• 仕事によって自由を感じるためには、収入面での安定性や心身の健康も重要
• 現在の状況に不満がある場合は、転職や転居で環境を一新させるのも一つのアイディア

まず読んで欲しい厳選記事

記事数が多くなった為、こちらに厳選記事をまとめさせていただきました。
 

自由に生きるヒントになる話、お得な情報など多くの方に満足して頂いている記事もありますので、よかったらご覧ください。