むしろチャンス!低所得こそ貯金ができる理由と方法

低所得だから貯金が全然できない…とお悩みではありませんか?でも実は、低所得こそ貯金ができるチャンスなんです!なぜ低所得だと貯金しやすいのか、またどうやって貯金をしていくのか、その理由と方法をご紹介いたいます。

低所得こそ貯金ができる理由!

まずは低所得こそ貯金ができる理由を見てみましょう。所得が高い人は生活水準も高くなり、どんどん高いものを買うようになってします。服や美容品、食費、被服費、住居費などなど…。いくら収入が高くても支出が多ければ、高所得の人だって貯金はできません!

低所得の人は、初めから節約する方法が自然と身についているはず。食費を削ったり、安いアパートに住んだり…。

それでも貯金ができない!という場合は、その節約方法を見直すだけで一気に貯金がしやすくなります!高所得の人が一から節約方法を考えるよりよっぽど楽ですよ。低所得でも貯金したい!と思ったときがチャンス!

早速、低所得でも貯金ができる方法をチェックしてみましょう。

 低所得でも貯金ができる方法①貯金できる最低ラインを決める

低所得の人はお給料が振込まれるとすぐに全部引き出して使ってはいませんか?余った分を貯金しようと思ってもなかなか簡単にはいきません。そこで、毎月貯金できる最低ラインの金額を設定して、絶対にその金額は引き出さないようにしましょう!

一般的に、収入の1.5割から2割程度貯金ができるといいと言われています。一人暮らしの方は家賃や光熱費などがかさむと思いますので、まずは1.5割から貯金を始めてみませんか?

どうしても引き出してしまうという方は、自動積立定期預金を使ってみるのもおすすめです。級長が振込まれると、自動で口座を振り替えてくれますよ。

低所得でも貯金ができる方法②固定費を見直す

低所得の人が貯金を始めよう!と思ったとき、まずは日用品や食費の節約から始めるのではないでしょうか。しかし、貯金するにあたって一番大切なのは固定費を見直すこと!固定費とは、家賃や携帯代、光熱費など、毎月の支払い金額があまり変わらないお金のことです。この固定費を節約することで、貯金も一気にしやすくなります。

家賃が高い場合はできれば引っ越したいところですが、引越しにかかるお金や時間って馬鹿になりませんよね。そこで手っ取り早いのが携帯代を見直すこと。

必要ないオプションや保険などは外し、通話プランも見直しましょう。電話を使うのではなく無料アプリの通話を使うことで、通話の料金を抑えることもできます。また、有料アプリは本当に必要かどうかの再確認も。格安SIMに乗り換えられるようであればそうしましょう!分からなければ、店員さんが詳しく教えてくれますよ。

低所得でも貯金ができる方法③自炊と外食のバランスを考える

節約生活においては食費も重要です。自炊をしない人はコンビニなどで朝、昼、夜と購入してしまいがち。コンビニだと1回の支払いも少ないので、そんなに無駄遣いしている間隔にはなりにくいですよね。

しかしコンビニの価格は基本的に割高です。できるだけスーパーに行くようにしましょう。そして、自炊もできるようにしていきましょう。スーパーに何度も通うようになると、曜日ごとで安いものが変わっていることに気づいてくると思います。最初は分からずに食材を買ってしまっていても大丈夫。そのうち慣れてきますよ。野菜やお肉と炒めるだけの調味料など便利なものもたくさんありますし、夜に少し多く作っておけば次の日のお弁当に入れることだってできます。

しかし外食やコンビニ食ばかりだった人がいきなり自炊を始めると、かえって食材を無駄にしてしまうことも。一人暮らしだと食材を使い切れず、なおのことですよね。

そこで、しばらく自炊をしてみてストレスがたまるようなら、たまには外食の日も設けてあげましょう。週に一回、月に一回など、頻度をあらかじめ決めておくことでダラダラ外食が続いてしまうということも避けられます。

低所得でも貯金ができる方法④夫婦の場合はどちらかがお金の管理を

夫婦の場合、最近では共働きが多いですよね。お互いに収入があると、自分の節約ばかりに気を取られて相手の貯金のことは忘れがち。自分は一生懸命貯金をしているのに相手は何も考えていなかった!では、ケンカの原因になってしまいます。

そこで、夫婦の場合はどちらかがお金の管理をすることも大切です。収入の少ない方が管理をすることで、より危機感をもって節約することができます。思い切ってお小遣い制にしてみるのもアリかもしれませんね。

二人だとつい曖昧にしてしまいがちなお金の問題ですが、貯金すると決めたのならしっかり話し合いましょう!

低所得だって貯金はできる!

低所得の方が貯金しやすい理由や、貯金の方法をご紹介しました。固定費を見直す、自炊を始める、夫婦の場合は一括してお金の管理を行うということで、今までよりグンと貯金しやすい環境が整います。

低所得でも貯金をたくさんしている人は実在します。言い訳にせずに、早速今日から貯金を始めてみましょう!

https://hikikomorism.com/cycropt-money/