これで安心!毎月給料の2割は貯金をしよう

皆さん、貯金はしていますか?しっかり貯金をしたいけど、毎月どれくらい貯めればいいのか分からない…という方も多いのではないでしょうか。毎月の貯金額が少なすぎるとなかなかお金がたまりませんし、多過ぎると生活がつまらないものになってしまいますよね。

毎月給料からどれくらいの割合で貯金すればいいのかチェックしていきましょう!

毎月の貯金額の平均値はどれくらい?

毎月しっかり貯金しているつもりでも、みんなどれくらい貯金をしているのかは非常に気になる問題ですよね。20代から30代の人の大半は、毎月2万円から6万円程度の貯金をしているというデータがあります!皆さんはできていますか?

貯金をしっかり考えている方は、コンビニに入らない、自販機を利用しない、給料が振り込まれたら自動積み立て、ボーナスはすべて貯金など、徹底してお金を貯める努力をしているようです。

また、貯金の割合としては給料の1.5割から2割程度が無難なようですね。いきなり焦って給料が少ないのに5万円以上貯金してしまうと生活が苦しくなって結局貯金を続けられなくなってしまうので、まずは無理のない範囲から貯金するようにしていきましょう。

20代の多くは毎月2万から5万貯金している!

社会人となり、たくさんお金を稼げるようになる20代。つい使ってしまいたくなりますが、多くの20代はすでに貯金を始めています!

先程も少し触れましたが、毎月の貯金額としておすすめなのが、給料の1.5割から2割程度を定期預金として貯めること。給料が20万なら、その2割で4万円ということになりますね。

一人暮らしをしているとなかなか難しい金額かと思いますが、まずはその半分の2万円から始めてみるのはいかがでしょうか。それでも生活が厳しい…という方は、ボーナスをまるまる貯金に回してしまう!という作戦もおすすめです。ですが、やはり毎月少し何かを我慢して貯金していくことはおすすめですよ。

実家暮らしなら、4万円の貯金は結構簡単にできるかもしれませんね。もしまだ生活に余裕があるようなら5万円以上を貯めるようにしてみましょう!

実家暮らしをしている人の中には毎月10万円の貯金に成功している強者もいました!一人暮らしでも毎月10万円貯金している人の中にはすでに投資や株などを始めている人もいます。現在の給料では貯金がままならないという方は、このような簡単にできる副業なども考えてみてはいかがでしょうか。

30代になると毎月10万円の貯金が可能!?

一方、30代になると、給料も上がります。また結婚し共働き夫婦になるという方も多いですよね。そうなると貯金できる金額は一気に増えます。

一人5万円ずつ貯めれば、毎月10万円の貯金が可能。ボーナスを貯金しなくても、1年間で120万円貯められる計算になります。結婚式や妊娠、出産などを考えるとこれくらいの貯金ができているとかなり心強いですよね。

一緒に住んでいるのであれば家賃や光熱費などを節約できますし、工夫次第で貯金額を増やすことは十分に可能です。40代になるとマイホームや子どもの教育費などで出費が多くなってしまいますので、しっかり貯めるなら30代がラストチャンスとも言われています。

夫婦で旅行なども行きたいところですが、近場で済ませたり安いプランを利用するなど、将来のことを考えて行動しましょう。

また、すでに子どもがいる夫婦の場合は児童手当てなどを受けられると思います。それらをすぐに使ってしまうのではなく、その分だけを貯金に回してしまうという作戦もありますよ。高校受験や大学受験などが始まる前にしっかり貯金をしておくことで、子どもの選択肢を増やしてあげることもできます。

40代以降になると毎月10万円の貯金はマスト!?

生活が安定しだす40代。共働きの夫婦であれば、給料もかなり上がり、教育費を差し引いても毎月10万円以上は貯金できるようになっているのではないでしょうか。子供がいない場合は毎月10万~15万円以上貯金したいところですね。逆に子どもがいる場合は児童手当てなどをコツコツ貯金しておくようにしましょう。

老後に年金がどれくらいもらえるかも分からない時代ですので、40代の内にしっかり貯金をしておくことは大切です。定年までに車や家のローンの支払いを済ませ、投資や資産運用など、貯金以外の方法を駆使してお金を増やすような努力もしていきましょう。

まずは給料の2割の貯金から始めよう!

毎月の貯金額について、平均していくらぐらい貯めればいいのかを考えてみました。一般的には給料の2割程度を貯金できればまずは一安心といったところでしょうか。これは一人暮らしか実家暮らしか、共働きか専業主婦かなど条件によって変動しますので、一概に絶対条件!というわけではありません。

しかし、将来のことを考えるのであればできるだけ貯金はしておきたいですよね。毎月の貯金額が給料の2割に満たないという方は、毎日の支出にムダがないかを今一度確認してみてはいかがでしょうか?

https://hikikomorism.com/cycropt-money/