mr君/治験君を知らなくていいの?!エムスリーが業界の常識を変えた

エムスリーは独自のビジネスモデルで世界と対抗している大注目の企業であり、
特に、治験君・MR君中心の医療ポータルがMRのあり方を大きく変えました。

今回は、そんなエムスリーについてご紹介していきます。

エムスリー概要

エムスリーの目指す姿

「インターネットを活用し、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを一円でも減らす事」-それがエムスリーの願いであり、事業の目的でもあります。

※エムスリーのHPから引用

社長は元マッキンゼー

【代表】   谷村 格

元マッキンゼー・アンド・カンパニー
マッキンゼーではヘルスケア業界を担当。10年間以上の経歴

ソニー小会社のソネットエンタテイメントに医療サービス立ち上げをアドバイスしていたところ、共同出資で自らが経営をとることになりました。

設立:2000年9月
2004年9月 東証マザーズ上場
2007年3月 東証一部に市場変更

ビジネスモデルの特許を取得

当時、日本にも世界にもなかったビジネスモデルを構築し、
インターネット起業で初のビジネスモデルの特許を取得しました。

エムスリーが設立するまで、製薬業界の営業といえば、接待が当たり前でしたが、
それが、製薬企業にとってはとてもコスト面で負担となっていました。

そこで、営業効率(費用対効果)を良くしたい製薬会社向けの営業支援をするビジネスモデルです。

医師から、お金を取らないことを徹底していて、
具体的には、「m3.com」(無料情報サイト)で囲い込んでいる医師に対して
「mr君」や「治験君」を駆使し、薬を売り込みたい製薬企業からお金をもらっています。

医療ポータル:売上300億

【m3.com】

日本最大級の医療従事者専用サイト(会員登録無料)
25万人の医師に情報提供。日本の医師人口が約30万人のため、8割近くを占拠している。

医療従事者にとっては、なくてはならない存在です。

医師同士の意見交換の場等、医療に関する最新ニュース、
海外論文など多面的な医療情報や役立つツール・サービスを提供。

【mr君】

インターネット上で、医師に対してマーケティングができるプラットフォームです。

診療に役立つ最新の医療情報、医薬品情報を、製薬企業のMRがm3.comサ イト上からお届けすることができます。

mr君のサイト上で、顔写真有りのmr君が提供する情報を見て、医師は気に入ったMRを登録し、ネットを通じて医師とMRがやり取りできます。

利用企業数 約30社、平均売上単価 約5億円
➡︎今後、一社あたりの単価を10億〜15億に
※採用品目の増加、コンテンツの高付加価値

【治験君】

<治験君の目的>

「インターネットを活用して、健康で楽しく 長生きする人を一人でも増やし、不必要 な医療コストを1円でも減らすこと」

エムスリーを代表するサービスである治験君は2011年度からサービス提供開始。

20万人超のm3.com会員医師を対して、特定の治験の対象患者・治験参加意向について調査。
参加意向のある施設を直ちに訪問、治験実施可能性の調査を実施し、効率的な症例登録を促進。

【治験君+】

2017年度2月、新たに治験君+のサービスを提供開始。

M3 RBM Solutionとの併用が特徴。

※RBM(Risk Based Monitoring):モニター業務を効率化を行いながらリスクに基づく品質マネジメントを行う手法。

【参考】

「治験君」サービスのリニューアル ~治験成功確度の向上に寄与する施設発掘を可能にする「治験君+(プラス)」を開始~

【AskDoctors】

自分自身や家族の健康について、インターネットで気軽に医師に相談できるQ&Aサイト
多くの現役医師が豊富な経験と専門知識を活かして迅速、的確に回答。

・有料会員数は約20万人 (月300円(税抜))
Yahoo! Japanと連携
・日本最大の遠隔医療相談 プラットフォーム

【AIラボ】

➡︎AIを活用した医療機器・サービスを研究開発する企業やプロジェクトをサポート。
必要に応じエムスリーグループの最適なサービスを提供するほか、有望な事業に関しては投資も視野に入れる。

①医療ビッグデータ収集支援
②臨床試験・製造販売承認申請支援
③製品マーケティング支援
④ファイナンス支援

エビデンスソリューション:売上220億

製薬会社や医療機関に対して治験の運用支援を行う。
今後の取り組み:グループ一体となって治験のe化を加速化

SMOのe化】 施設開拓、被験者スクリーニング 等
・株式会社イスモ(2011〜)
・クリニカルポーター株式会社(2009〜)
・ノイエス株式会社(2015〜)

CROのe化】 モニタリング、EDC 等
・株式会社メディサイエンスプラニング(2014〜)
・メビックス株式会社(2009〜)
・株式会社MICメディカル(2012〜)

eインフラの設備】 電子カルテを活用した治験の推進 等
・株式会社シィ・エム・エス(2012〜)

海外:売上160億

全世界で400万人以上

【アメリカ】医師会員50万人
【イギリス】医師会員20万人
【中国】医師会員200万人
中国全土の医師の過半数以上

 

https://hikikomorism.com/cycropt-money/