株で稼ぎ、資産増やしたいなら集中投資でしょ?個人投資家のとるべき戦略を紹介するよ

株式投資で富を築いた人は皆、集中投資をしている

集中投資はリスクがあって危険だと思ってませんか?
確かに、リスクはありますが、集中投資のメリットを活用できれば
リスクを最小限に抑えることができます。

また、資産を増やしたいなら集中投資が必要となります。
ウォーレンバフェットやピーターリンチなどの株式投資で富を築いた人は皆集中投資をしてます。

集中投資のいいとこは学んで、良い運用をしていきましょう。

集中投資とは。まずは定義の確認

集中投資とは、厳選した少数の銘柄に集中して購入することです。
投資の世界ではよく、「1つのかごに卵を盛るな」とリスク分散を推奨しますが、
集中投資は真逆のことをします。
リスクを取りながら、大きなリターンを狙うので、攻めの戦略と言えます。

集中投資といっても1銘柄に投資するわけでなく、個人投資家なら3〜5銘柄ほどに絞るべきだと思います。株式投資初心者の方は、まずは徹底的に調べ上げた3銘柄に投資するのが良いです。

資産を増やすのに私が集中投資を勧める理由

大きなリターンが見込める

集中投資は少数の銘柄に集中して投資を行うため、分散投資より資産の増減の影響が大きいです。
3銘柄に投資をしている場合、1つの銘柄の株価が2倍になったら全体で33%の上昇になります

反対に、10銘柄に分散投資をしていた場合、1銘柄が2倍になっても全体へのインパクトは10%にしかなりません。

10%も上がればいいじゃん?そう思う方もいると思います。
ただ、考えてみてください。2倍に株価が上がる銘柄を探すのにどれだけ難しいかを。

株式投資は、お金を増やすのを目的に行なっているため資産効率よくお金を増やす必要があります
なのでなるべく無駄な銘柄を買わず大きなリターンを狙うべきです。

追うべき情報が限られる

長い目で見たとき、株価は業績に影響されます
業績を知るためには、同業他社の動向を知ることや、そもそも業界がどうなっているかなど
株式投資で損をしたくないなら、最低限やらなくてはいけません。

株式市場では、プロを相手にしなければならないので、生半端な準備では相手にもなりません。
そうならないためにも、1つの銘柄に投資するだけでもかなりの時間を費やすことになります。

10銘柄も投資をしていて、投資のプロに勝てますか?

次に繋がる分析がしやすい

仕事で失敗から多くを学べる人が大きく成長するように、
株式投資でも失敗を分析し、改善できる人が大きな富を得ます。

「追うべき情報が限られる」と近しい理由になりますが、
株式投資で最も重要な、何が良く何が悪かったかと分析することに多くの時間を割くことができます。

分散投資はリスクが少ないといろんな銘柄に投資して、わからないものに投資しがちです。
機関投資家などは情報量に優れてますし、扱っている額が大きいだけに
運用利回りが数%でも大きな利益を得られます。

しかし、個人投資家の運用は少ないお金を大きく増やすことが目的だと思いますので、
管理がしやすい3〜5銘柄に絞り、大きなリターンを狙っていきましょう。

個人的見解

僕は集中投資派です。
理由は分散投資をやらない理由!を見てください。

個人的には、集中投資のデメリットである資産を大きく減らす可能性があるのは投資する人の準備次第なので気にしてません。
相応の情報収集で銘柄を管理することができれば、
損失を最小限に抑えられるので、ローリスクハイリターンになり得ます。

また、僕自身が株式投資を長期的に行っていくことが前提なので、
自分の投資手法を確立するためのどれだけ学べるかが重要になってきます。

集中投資では損失が出た際に、「なぜ損をしたのか?」という原因の追究が
分散投資をしているよりも銘柄を管理できるので、見つけやすいというのもかなりの魅力です。

まとめ

集中投資とは、厳選した少数の銘柄に集中して購入すること
メリット:リターンが大きい。投資銘柄を集中して管理できる。
デメリット:株価の動き=自分の資産の増減。株式市場からの撤退の可能性

https://hikikomorism.com/cycropt-money/