リスクが高く資産が減るのに分散投資するの?デメリット知ってた方が良いよ

分散投資=リスクを抑えられる投資法だと思ってませんか?

僕は、リスクが高く資産が減る投資法だと考えているので分散投資をしません。

理由は以下の大きく2つです。

  • 投資する目的が資産を増やすことであるため
  • 株式投資の鉄則が、知らないものに投資しないであるため

皆さんと考えが一緒なのが、僕もリスクは嫌いだということです。

分散投資とは?

分散投資とは、資産運用におけるリスク分散の方法の1つです。
「卵は1つのかごに盛るな」とよく言われるように、リスク分散の重要性は確立されています。

1つのかごに卵を全て持っていた場合、かごを落としてしまうと全ての卵が割れてしまいます。
しかし、かごを複数に分けておいたら、仮に一つのかごを落としてその中の卵が割れても、
残りのかごの卵もあるので、全部の卵が割れることにはなりません。
いざという時でも損失を最小限に抑えられるのが、分散投資です。

具体的には、①資産分散②銘柄分散③時間分散の3つの手法があります。

資産分散:投資対象は株や投資信託、債券などがあります。
銘柄分散:相関性が低い銘柄への分散です。輸出関連株と輸入関連株、ハイテク株と内需株などです。
時間分散:購入を一度にするのではなく、毎月一定額で少しずつ購入することです。ドルコスト平均法と言われています。

詳しくはドルコスト平均法とは?をご覧ください。

分散投資のデメリット

分散投資はリスクが軽減できるメリットの代わりに、以下のようなデメリットが存在します。
私は、これから紹介するデメリットが株式投資をする上で非常に良くないと考えています。

リターンが非常に少なくなる。株価上昇でも、利益は雀の涙?

投資で資産を大きく増やすなら、株価が大きく伸びる銘柄に集中投資が必要だが、
10銘柄の分散投資だと、一つの銘柄の株価が2倍に上がっても全体では約10%ほどの上昇にしかなりません。

株価が2倍の銘柄に投資をするのはそう簡単なことではありません。

複数銘柄を購入するため、売買手数料がかかる。

また、分散投資では複数の銘柄で売買をするため手数料が多くかかります。

手数料は無駄な支出のため基本的に、払いたくないもの。

複数銘柄に投資するとなるとそれ相応に売買手数料を覚悟しなければいけません。

それに見合った利益を出せますか?

投資した銘柄を管理する手間に時間がかかりすぎる。

複数の企業の動向についても管理しなければいけないので、かなりの時間が必要となります。

株式投資はプロ相手と勝負をしなければいけないので、

プロ達からお金を奪うためには、多くの情報を収集し銘柄を分析することが求められます。

そうでないと、プロに勝てません。

分散投資の場合、管理するべき銘柄が非常に多くなります。

あなたにその時間がありますか?

個人的見解

僕は複数銘柄を保有しますが、分散投資をやりません。
理由としては、2つあります。

  • 投資する目的が資産を増やすことであるため
  • 株式投資の鉄則が、知らないものに投資しないであるため

分散投資の説明を聞いて、資産を守る方法であることがわかったと思います。
そもそも、分散投資は資金量が豊富にあるお金持ち向けであり、
資金を増やしたいと思っている我々にとっては取るべき戦略ではありません。

また、自分の知らないものに投資をするほど恐ろしいものはありません。リスクしかないです。
損をしたくないなら、企業の詳細や業界の動向について徹底的に情報収集し把握しなければなりません。
しかし、本業をしながら複数の業界・企業を勉強し管理できないですよね?

なので、私は3〜5銘柄の集中投資をお勧めしています。

【集中投資一択】分散投資なんかするからお金が減るんですよ?

2017.02.21

まとめ

分散投資とは、資産運用におけるリスク分散の方法の1つ
①資産の分散②銘柄の分散③時間の3つの手法

僕は分散投資をやらない。
また、皆さんにも勧めません。

使ってみてオススメしたい節約サービス

私が使っている節約できるお勧めサービスをまとめております。
よかったら参考にしてくださいませ。