お金持ちの基準は年収3000万or純金融資産3億円。私の人生戦略。

将来お金持ちになりたいですか??

taukichiもお金持ちになりたいです!笑

というより、、

taukichi
少なくともお金に困らない生活はしたいです

将来の目標は具体的になっていたほうが、
モチベーションも上がりますし、今やるべきことが明確になるので、
今回は、お金持ちの基準を紹介したいと思います。

お金持ちの基準は年収3000万or純金融資産3億円

なぜ、純金融資産3億円?

純金融資産とは、資産から負債を引いたものである。
不動産の場合、ローンでレバレッジをかけますが、その際の負債分は資産から引かれ計算されます。

なぜ、3億円でお金持ちなのか?

taukichi
それは、3億円の資産をうまく運用することで、働かなくても生活できるからです!

株式投資の場合、配当金は約3%得ることができるので、
3億円を配当で運用した場合、約900万の収益を上げることができます。

不動産の場合は4〜7%などの運用が一般的に多いので、
不動産で運用した場合でも約1000万近くの収入を得ることができる。

これらの金額に税金がかかっても、約700万は自由なお金として使うことができます。

働かなくても入ってくる状態なので、お金に困らず生活できているのではないだろうか?

ちなみに、金融機関や富裕層向けビジネスの関係者の間では、純金融資産を1億円保有していれば富裕層とみなされます。
1億円を3%ほどで運用すれば、300万ほど収入になり、約240万は自由に使うことができる。
5%で運用したら、収入が500万、自由に使えるお金が400万
7%で運用したら、収入が700万、自由に使えるお金が550万

資産を運用することの魅力は、自分が働かなくても収入を得られる点です。

taukichi
非常に魅力的なので、僕は自分が働かなくても収入を得られる状態を目指しますよ!!

自由に使えるお金が増やしたかったら、働くことも可能です。
ただ、仕事するよりも資産運用の利率をあげることに時間を割いたほうがいいですね。

なぜ、年収3000万?

年収3000万だと税金の関係上、手取りが約1800万円になります。
つまり、毎月150万ほど自由に使えるお金があります。
4人世帯の平均支出が35万とのことなので、
マイホームや教育費などにお金を使ってもある程度裕福に生活できそうですよね?

年収3000万の職業とは?

では、年収3000万の職業はどんなものか見ていきましょう。
年収3000万も稼いでいる人は日本で0.2〜0.3%しかいません。
具体的には以下の職業となっています。
・開業医や医療法人の医院長
・上場企業の社長
・外資系トレーダー
・タレントやスポーツ選手

この記事を見ていただいている方々が一般的な社会人の方だと思いますので、
今から年収3000万は起業すること以外は厳しいですね。

純金融資産3億円を目指そう

taukichi
ここまでの話から年収3000万円を目指すのは、現実味がないですよね?これから医者を目指しますか?スポーツ選手になりますか?ぶっちゃけ無理ですよね・・・
ただ、純金融資産3億円はお金の知識を正しく身に付け正しく投資のべんきょうすれば達成できないことはないです!!

10年前はただのサラリーマンだった人が
今は株式投資や不動産など3億以上の金融資産を持っている方が数多くいます。

ただ、これらの人はお金の正しい知識を身に付けている為に、
これらの資産を作り出すことができています。

なので、私は株式投資や不動産投資を進めているのではなく、
是非ともお金の正しい知識を身につけて欲しいと思っております。

あなたは負け組? 20代、30代のお金の使い方。

2017.08.12

まとめ

お金持ちになりたいなら、年収3000万か資産3億のどちらかを目指さなければいけない。

私は資産3億円を築くことを選択し、そのために1億円を目指します。

使ってみてオススメしたい節約サービス

私が使っている節約できるお勧めサービスをまとめております。
よかったら参考にしてくださいませ。